ニュース

FUJITSUがヨーロッパにブロックチェーンセンターを開設

FUJITSUがヨーロッパにブロックチェーンセンターを開設

2018年03月30日

世界中の大企業にブロックチェーンまたは分散型帳票技術(DLT)を適用することで、主にテクノロジー部門の企業の間で本物の「元帳」が生まれました。Google、Microsoft、Amazonは、ますますつながる世界を構築するためのセキュリティ、信頼性、新機能を提供するためにブロックチェーンを使用する新しいソリューションを展開しようとする世界の巨人のほんの一部です。

しかし、この新しいデータ市場に注目すると、ボッシュ、フォルクスワーゲン、コンチネンタルなどの企業は通常、ハードウェアソリューションに関連しており、有望なIoT(Internet of Things)業界向けの実装を開発中である。統計によると、75億以上もの接続されたデバイスが、相互にやりとりする必要がある市場です。

富士通、以上を持つ日本企業156、000ベルギーのブリュッセルにある最初のブロックチェーン・イノベーション・センターの開設を発表しました。これらの新技術は、この新しい業界で研究、開発、革新を支援することを目指しています。消費者および企業は、商品およびサービスを購入し、販売し、分配する。テクノロジーは、サービスや製造業に展開できる全く新しいビジネスモデルを可能にします。Blockchainは、物流、サプライチェーン、レコード、ID文書、契約の自動実行を保証するいわゆる「スマート契約」などの公共の記録や機能など、多くの分野で使用することができます。イニシアティブ。

富士通によると、同社が開発に投資する予定の主な分野の1つは、スマートシティのサービスです。日本の企業は、2050年までに世界の人口の66%以上が都市部に居住し、現在のデータに比べて25億人が増加すると考えています。富士通は、社会的組織、社会学的および人口統計学的要因、経済的実行可能性、環境問題にスマートな都市ソリューションが必要と考えています。

「ブロックチェーン技術がスマートシティの発展に重要な役割を果たしていると信じています」現在、世界人口の半数以上が都市部に居住しており、2050年には66%に増加する見込みです。富士通ベネルクスプレセールス&ビジネスアシュアランスディレクター、フレデリック・デ・ブレック(Frederik De Breuck)氏は、都市はこれらの開発に適応し、ITCの技術とインフラストラクチャやアーキテクチャを結びつけるスマートな都市になる必要があると指摘しています。

また、ドイツでは、分散会計技術に関連するサービス、プラットフォーム、インフラストラクチャ、IOTA Tangleネットワークに基づくソリューションの使用に深く関わっています。